一戸建て賃貸は防犯に注意

マンションやアパートのような集合住宅では、他の部屋が隣接している分、周りの住人が人の気配を感じることが多いので防犯面では、比較的安全なようです。賃貸で一戸建てであれば、家が独立した土地の上に立ち、空き巣などのための防犯対策が重要となってきます。特に賃貸では、以前の住人が家の間取りなども知り尽くしていて、玄関の合鍵を持っている場合もあるので、注意しなくてはなりません。玄関のカギは、住居時に安全のために交換するのがお勧めです。玄関にカメラを設置したり、警部会社の機械警備なども空き巣対策効果には効果があります。

賃貸物件の一戸建てのメリット

賃貸物件を選ぶ際に、マンションやアパートなどの集合住宅は一般的な物件となりますが、根強い人気として一戸建てを選ぶ方もいます。それは一戸建てにはいくつかのメリットがあるからです。ひとつめに、集合住宅と違い両隣や、上層階・下層階に住んでいる他人に対して、音を気にする必要が極めて少ないという点です。ふたつめに、賃貸物件によっては敷地利用に寛容な物件もあるということで、家庭菜園スペースや、フラワーガーデニングなどや、駐輪・駐車について、許容される条件が緩い場合もあります。内見の際に、仲介不動産会社の担当者にそれらのことが可能かどうかを聞くと良いでしょう。

↑PAGE TOP