マンションの管理会社はこのような仕事もしています

マンションの管理会社は、物件の維持をするために業務をしています。受付や立ち合いそして点検と報告が代表的な内容です。この他に建物の中で何か起こった際は、救急や消防及び警察と対応する場合があります。運営事務を行うのは物件を管理する会社の仕事になります。普段の清掃や緊急対応や、設備の保守は重要です。防犯対策をするのは大切な役割になります。共有部分の清掃以外に、建物の周囲の清掃や、防犯に必要な対策をするのです。物件によっては遠隔監システムで、不審な人物の出入りをチェックしています。入居者の安全と快適に住める環境を整える仕事です。緊急の修理や大規模修繕の運営を行います。通常の業務と緊急の際の対応があるのが特徴で、24時間対応している場合があります。

マンション管理会社の通常行っている業務

物件の管理の業務は、日ごろから行っている内容があります。共有部分やポストに投函されるチラシやゴミの清掃が代表的です。訪問者の対応や入居者が留守の際に郵便や宅配便を預かる場合があります。照明の故障や電球が切れた場合の交換は、日ごろしている業務内容です。居住者間でのトラブルが発生した場合は、報告をしています。直接介入は出来ないですが、報告を受けているのです。規約で出来る内容と出来ない場合があるので、相談をしたい内容があればまずは話すのがポイントになります。設備の点検や保守をしたり、多くの役割があるのが特徴です。24時間対応している場合と、営業時間が決まっている場合があります。詳しい内容は規約に記載されており、この範囲で業務をしているのが特徴です。

緊急時の対応をするケースの紹介

マンション内でなんらかの緊急事態が発生し、救急・消防・警察が来た際の対応をする場合があります。緊急対応が必要な際に、これらの方に立ち会うのです。必要に応じて入居者の方を誘導して安全な場所に避難させます。浄化槽や排水設備を定期的に清掃するように手配したり、消防設備やエレベーターの保守点検があるのです。フロント業務に該当する建物への訪問者や入居や退去の立ち合い以外に、修繕や清掃が必要な際の手配をします。対応が可能な内容があらかじめ決められており、対処できない場合があるので注意が必要です。マンションを運営している会社は、入居者が安全に生活をする事が出来るように活動します。貯水タンクや排水管の問題以外に、大規模修繕に向けた計画を立てる場合があるのです。