地域別マンション管理会社の種類と数

マンション管理会社とは、共同住宅を専門に適切な業務をしてくれる業者のことです。ある程度規模のある共同住宅になると、理事会や総会などを開催してその物件の会費チェックや修繕計画の策定をしないといけません。入居者あるいは区分所有者から徴収した会費や積立金を預かって実際に運用をする大事な経営母体となるため、運営においてきちんとした段取りを組む必要があります。この理事会や総会などは区分所有者が開催して運営をしていきますが、不動産に関する知識も経験もノウハウもない一般人が対応できる内容を逸脱しているため、通常マンション管理会社が実際の会進行や取りまとめ、議題提案や修繕計画の策定及び実行をすることになります。そのため信頼できる業者を選定することはとても重要です。

業者の仕事内容とはどんなものか

専門業者の主な業務としては、以下のようなものが挙げられます。第一に、共同住宅の機器設備の保守点検及び緊急時の修繕対応が挙げられます。特に共用部分の設備については主たる責任があります。第二に、各会費や積立金の会計処理が挙げられます。入居者から預かった会費や修繕積立金を預かり運用していき、業務遂行に活用することになります。第三に、定期的な大規模修繕工事及び建て替えに関する検討対応が挙げられます。共同住宅は一定期間ごとに大規模修繕をしないといけませんが、その計画及び資金繰りを考慮することも重要な業務の一つになります。これら以外にも雑務はたくさんあります。いずれも重要な業務であることは間違いないので、信頼してこれらを任せられる経験豊富で安心感のある業者を起用したいところです。

地域別に業者検索をしてみましょう

信頼できるマンション管理会社を見つけたい場合は、地域別に業者の検索をしてみることをおすすめします。インターネットサイトで不動産に関する専門業者を紹介してくれているサイトがあります。営業活動をしている業者を地域ごとに閲覧することができます。また、実際に運営を依頼している理事の側から見た口コミ情報も掲載されていることがあり、選定の際にとても参考になります。費用面も重要な要素です。管理費を各会費から支払う必要がありますが、少しでも負担が少ない方が会費に余裕をもって運営に当たることができるためです。新規物件で業者選定をする際はもちろんのこと、既存の業者を変更することを検討する際も参考になるサイトといえます。専門業者の変更の際にはいろんな手続きが必要になりますが、それでもメリットがあるなら実行するべきです。